bed128_128

青汁の効果効能のひとつに「不眠症改善」というものがあります。青汁で「不眠症改善」効果が期待できる理由について解説します。

1.不眠症・睡眠不足の原因

人は対応の出ている昼間に活動して、夜に睡眠をとります。

この生活リズムには、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」が関係しているのです。

メラトニンは日中は分泌量が少なく、夕方から夜間にかけて分泌量が増えていくのです。

メラトニンの分泌量が増えると副交換神経系が優位になり、「脈拍」「体温」「血圧」が低下します。脳はこの状態を睡眠の準備ができたと認識して、眠ることができるのです。

睡眠ホルモン「メラトニン」によって、自然と眠ることができているのです。

しかし、さまざまな要因によって「メラトニン」の分泌が乱れてしまうとなかなか寝付けなくなってしまい、睡眠不足や不眠症、睡眠障害に陥ってしまうのです。

「メラトニン」の分泌が乱れる原因

  • 時差ボケ
  • ストレス
  • 生活リズムの乱れ
  • 栄養不足
  • 運動不足
  • 太陽光不足
  • 自律神経系の乱れ
  • メラトニンの材料不足
  • ・・・

など様々な原因があるのですが、なかでもストレスによって自律神経系に乱れが生じて「メラトニン」の分泌が正常に行われないケースが多いようです。

2.ケール青汁にはメラトニンが含まれている

青汁の主原料であるケールには睡眠ホルモン「メラトニン」が含まれているのです。

夕方以降にケールの青汁を飲むことによって、不足している「メラトニン」を摂取できるのです。

また、「メラトニン」の分泌が乱れる原因としてお栄養不足なども補い効果が青汁には期待できるため、青汁には不眠症改善効果が期待できると言われているのです。

まとめ

睡眠不足・不眠症の原因は

睡眠ホルモン「メラトニン」が正常に分泌されない不足する状態

です。

青汁の主原料であるケールには「メラトニン」が含まれているため、夕方以降にケールの青汁を飲むことで不足している「メラトニン」が補給でき、睡眠しやすい状態を作ってくれるのです。

これが青汁に不眠症改善効果があると言われている仕組みです。