sun128_128

青汁の効果効能のひとつに「乾燥肌改善・対策効果」というものがあります。青汁で「乾燥肌改善・対策効果」が期待できる理由について解説します。

1.乾燥肌になる原因

乾燥肌の原因は、様々なものがあるのですが、大きく原因をまとめると

ダメージを受けた皮膚が再生する新陳代謝が機能していないこと

になります。

皮膚の水分や皮脂が急に失われてしまったときいに新陳代謝が追い付かないと乾燥した状態が長く続くようになってしまうのです。

新陳代謝が機能せずに傷ついた皮膚というのは、セラミドという表皮のバリアも失われた状態になっています。

セラミドのバリアがない皮膚というのは、どんどん水分が流れ出してしまうのです。

2.青汁の乾燥肌の改善効果

セラミドは化粧品などによって体外から補修することもできますが、基本的には体内でセラミドの再生を促さなければ、一時的な改善にしかつながらないのです。

体内からセラミドを再生成する、新陳代謝を活性化するためにはビタミンAが必要になります。

ビタミンAはニンジンやトマト、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

当然、青汁に含まれている大量の野菜成分にも、ビタミンAは豊富に含まれているのです。

青汁の原料である緑黄色野菜に含まれているビタミンAが、セラミドの再生成、新陳代謝の活性化を促すため、乾燥肌対策、乾燥肌改善の効果が期待できるということなのです。

まとめ

青汁に含まれる栄養素ビタミンAには

  1. 表皮のバリアであるセラミドの再生成
  2. 皮膚の新陳代謝を活性化する

働きがあるため、乾燥肌の改善効果も期待できるのです。

乾燥肌対策で青汁を選ぶときには

  • 無農薬、有機栽培の原料を使った青汁
  • 継続的に飲める飲みやすい青汁

をおすすめします。